仕手株とは、株式市場において多くの資金を持つものが特定の銘柄の大量の売買を行って、その銘柄の出来高を膨らませてあたかも取引が活発に行われているかのように装っている銘柄のことをいいます。取引が活発に行われると値動きも活発になることから、さらなる投資家の投資を誘う事ができます。そのような仕手株の値動きを意図的に作り上げてから反対売買を行う事で利益をだそうとする人たちのことを仕手筋といいます。利益を上げるには少しの値動きでも、大きな価格変動率が見込まれるほうがよいため、株価水準が低いものが仕手株として利用されやすくなっています。
そのような仕手筋の動向や、仕手株として扱われやすい株の値動きを注視したものを仕手株リストといいます。
仕手株リストは仕手筋自体が、情報を特定の投資家に売って公開したり、個人が予測のもと作成し公開しているものがあります。
なぜ仕手株リストを有償で情報提供できるかというと、仕手筋によりつくられた値動きに便乗して利益を上げることができるからです。また、仕手筋は仕手株リストを有料で公開することで利益を上げることができるのと、投資家のさらなる投資の呼び水とすることで、より大きく持続的な値動きをつくることができるからです。
仕手筋の取引は実に巧妙で、信用取引の売建てなども織り交ぜてくるため、値動きが上がってから下がってからも利益をあげようと考えています。そのため、株価が上がったものが下がったからといって、仕手筋の投機が終わったとは限らず、その動きを注視、分析するためには仕手株リストの存在が重要となってきます。
しかし、仕手筋の投機が必ずしも値動きを呼ぶとは限らないため投資家は十分な判断をもって投資をする必要があります。

■優良投資顧問を選びたいならこのサイト
投資顧問クチコミ比較所

■仕手株やボロ株にうまく対応するために

■こまめなチェックをするかた
仕手株で儲ける