アンジェスMG新株が発行されるというときであったり、三菱マテリアルに何か材料が出た時に仕手株化されるのではないかと考える人もいるかも知れませんが、そのような時に簡単に仕手株化されるほど簡単なものではありません。

仕手株といってもまず準備が必要な物で、事前に株を買い集めなければ行けませんから、突発的な材料が出てそれが仕手株につながるということはありません。
ただし、材料に便乗をして本来であればそれほど上昇するようなネタでなくとも、強引に株価を吊り上げて仕手株化されるということはあるので必ずしも突発的な材料で、仕手株化しないとはいいきれないものではありますが、通常ではそれほど心配する必要はありません。

ただし、何かの材料があって株価が動いた時というのは多くの参加者の売買によって、株価が乱高下して過熱気味に動くこともあるので仕手筋がいないからといって振り回されないということにもならないことに注意が必要です。
また、企業の規模からいっても三菱マテリアルの場合には時価総額が6000億円以上あるため、仕手筋といえども株価の吊り上げというのは行いにくいため基本的には狙われにくい銘柄となっています。

一方のアンジェスの場合には赤字のバイオ関連銘柄であるということと、時価総額がそれほど大きいものでもないことから仕手株として狙われやすい銘柄といえますが、元々このようなバイオ銘柄というのはハイリスクハイリターンな銘柄でもあるので投資をする際にはそのような点を十分に考えた上で、余裕のある範囲で投資をしておけば何かの材料が出た時に仕手株関係なしに株価が十倍といった夢を見ることができる銘柄であるため、リスクを承知で投資をする場合には妙味のある銘柄となっています。