仕手株と言うものは非常に大きな資産を武器に株価を操作し、個人投資家をはめ込む様な値動きを作り出すことによって利益を上げて行こうとするプロの投資集団に操作されている株のことを指し示すものです。現実的にこの様な株は存在しており、特に材料もない中で株価が急騰したり、急落したりという値動きをすることになります。この様な値動きによって個人投資家の投資行動を起こさせ、それを材料に利益を狙って行くという動きをします。その様な操作を行う集団を仕手筋と言い、仕手筋に操作されている状態の株を仕手株と言うのです。
この仕手株は一般的にトヨタ自動車などの大企業とは無縁のものであると言えます。その理由としては時価総額が極めて大きな超大型株であるトヨタ自動車の株価を思い通りの操作することは現実的に不可能であり、例え可能であったとしても非現実的な資金が必要になるでしょう。そのため仕手筋が狙うのは基本的に小型株になりやすいという傾向があります。取引規模も発行株式も少ない株式であれば少ない資金で株価の掌握が可能になるためお手頃なものであると言えるのです。トヨタグループの様な大きな企業は流動株式数も多く、時価総額も相当な金額になるため、操作によって利益を搾取しようとする動きを行うのが困難になるのです。
この様な仕手筋が狙う仕手株の特徴は規模の小さな株式であることが多く、特に理由もなく急騰したり急落したりする仕組みがあります。その様な値動きに気がついて寄ってくる個人投資家が餌食になることが多いため、明確な理由なく激しい値動きをしている銘柄は投資ではなくマネーゲームが行われている状態であると判断する様にすることが必要であると言えるでしょう。