松谷化学株式会社と大泉製作所はどちらも株式会社ということでは共通していますが、仕手株化しやすいのはどちらかというと大泉製作所の方が仕手株化しやすいといえます。
そもそも、松谷化学株式会社は上場をしていませんから仕手戦に持ち込もうとしても売りつける個人がいませんから、仕手戦をする場合には松谷化学株式会社に高値で株を買取してもらうということになります。
このような方法というのは非常に手間がかかり、それでいて実入りも少ないためあまり行われることもなく、非上場の株というのは仕手株になりづらいものとなっています。

一方、大泉製作所はマザーズ市場に上場していて、誰でも自由に取引をすることが出来る銘柄です。
そして、時価総額も小さいことから多少の資金力があれば株価を自在に操ることも難しくないため、このような銘柄というのは仕手株に選ばれやすいものとなっています。
大泉製作所のように長い間、株価が低迷していた銘柄というのは取引もそれほど活発ではなく、値動きもそれほど大きくないものとなっています。
そのような動きの少ない銘柄を毎日少しずつ株を買い集め、十分な量の株が集まった時には株価を上げるために、どんどん買い上げることになります。
元々取引が活発な銘柄ではありませんから、売り板買い板ともそれほど厚くないため資金力のある集団が少し買い上げれば株価は急騰することになります。
株価が上がれば市場の関心を集めることになり、株価が上がっていることで更に株価が上がるのではないかと考える投資家が買いを入れるため更に株価が上がります。
そして、株価は過熱気味に上昇をすることになりますが、その途中仕手筋はそれまで仕込んでいた株を飛びついてきた一般投資家の買いにぶつけ売りぬくのが仕手の仕組みであるため、大泉製作所のような銘柄はねらわれやすくなっているのです。